眼科の医師転職

眼科医師の転職は、眼科専門の医療施設以外にもたくさんあるようです

眼科医師の転職に関しては、診療報酬の改定によって、コンタクト関連の募集は減少傾向にあるようです。また、眼科の専門病院は少なく、人気も高くなっているため、これから技術を磨きたいという医師にとっては競争率の高い診療科であるといえます。さらに、専門医を取得していない若手医師にとっては、入職は厳しいというのが現実となっています。しかしその場合には、日帰り手術などを行う病院や診療所での技術を磨くという方法もあります。専門医を取得して、手術症例を積んだあとであれば、眼科専門病院だけではなくても、幅広い医療機関からの募集があります。たとえば、糖尿病や循環器疾患といった、眼合併症治療を必要とするものもあり、一般病院や脳神経外科の専門病院でも眼科医師のニーズはあるようです。

厚生労働省の平成22年度の「必要医師数実態調査」によると、眼科の現在の常勤医師数は3,682人なっており、それに対して必要な常勤医師数は4,308となっています。この数字からは、眼科専門の医療機関は少ない為、競争率が高い職場となっているようですが、一方で、眼科専門の医療機関ではないが、眼合併症治療を必要としている医療機関での求人は多数あると考えられます。

転職を希望して実際に希望の転職を果たした大学病院で働いてきた眼科医師は、月の宿直や当たり前のようにあるオンコールに大変な思いをしていたにもかかわらず、アルバイトをして何とか格好がつくくらいの収入のために転職を希望して、週2日は半日勤務、土日は休みで収入はこれまでの倍に近いという待遇の転職を果たしました。この眼科医医師のように、過酷の労働から転職を希望される医師も増えており、収入面と待遇面は、医師の転職にとって、医師としてのスキルを生かせることと同じくらい重要な転職理由になっているのかもしれません。

医師の転職理由はさまざまなものがあります。また、医師専門の転職人材サービスも触れてきており、そのサービスも充実してきていることから、転職希望の医師の希望の転職の実現率は高くなっているようです。これまでの医局制度による紹介の転職ではなく、医師専門の転職人材サービスは、医師の転職に特化しているので医療機関とのパイプも強く非公開の求人情報も多数寄せられている為、また、専任のアドバイザーが医師の転職にかんするありとあらゆることを、転職を実現させるまでサポートしてくれるので、医師の転職に関しては、このような専門の転職サービスを利用する方が近道となっているようです。

※医師の方で希望の科目などで求人をお探しの方リクルートドクターズキャリアエムスリーキャリアエージェントなどの転職エージェントへの登録をオススメします。転職エージェントでは好条件の求人や自身の希望に合う求人が多数あります。その多くの求人は会員しか見れない非公開求人です。当サイトでご紹介しているエージェントは全て無料でご利用できますのでぜひ登録されてみてください。

医師の転職の事ならこのエージェントが安心!

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
対応エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
  • <<当サイトがお勧めするポイント>>
  • ■リクルートドクターズキャリアは年間100万人も転職を支援しているリクルートグループの会社です。
  • ■常時1万件以上の求人情報のうちWEB上で公開されているのは半数以下。大部分は非公開求人です。
  • ■医師の転職に精通したキャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートします。
  • 面倒な条件交渉などはスタッフが代行。少しでも希望に沿った条件での就業の実現の為に。
  • ■初めての転職でも安心。履歴書、職務経歴書の書き方や、面接のコツなどをアドバイスしてくれます。
  • 「年収2500万以上」「土日祝休み」「育児支援」などあなたの希望に合った求人が多数あります。
  • ■転職のポイントや求人情報の見方など医師のお役立ちコンテンツも公開しています。
  • サービス利用料は無料です。登録も1分で完了しますのでぜひ登録を。
リクルートドクターズキャリア申し込みページへ

※→医師転職サイトランキング完全版はコチラから見れます!


▲ページの上へ
© 2012-2017 医師転職ランキング