神経内科の医師転職

神経内科の医師の転職に関しては、キャリアの方今転換が難しいので慎重に

医師の転職に関して、神経内科医の求人は、大都市圏を中心にして全国の脳神経外科系病院やリハビリテーション病院からの多数あるようです。現在ではとくに、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症ケア、神経リハビリテーション、てんかん、失語症といった専門分野があると病院への転職希望に有利になっているようです。最近の傾向としては、リハビリテーションや在宅医療といった分野で求人が増えてきているのは、背景には脳血管障害、認知症、生活習慣病などに伴った機能障害を持つ、高齢患者の増加が考えられます。脳外科系や一般病院の急性期病院への転職・就業を希望する神経内科の医師は、頭痛外来、不定愁訴外来などを開けるスキルがあると有利なようです。

また、神経内科の求人募集は、脳神経外科系病院かリハビリテーション病院がほとんどです。そして、どちらを選ぶかによって求められるスキルも明確となっています。神経内科医師の転職の場合、一度転職すると、その病院・医療機関の中でのキャリアの方向転換は難しくなります。また、リハビリテーション病院の場合は、外来診療がない場合もあるので、今後のキャリア形成も見据えて、転職を検討する際には、自分の希望にあった病院を選ぶことが重要です。

実際に転職を実現された神経内科医師は、体力と視力に衰えを感じるようになったことから今までのキャリアを活かして脳神経内科への転職を考え、外科での知識を考慮し評価してもらえたことが一番のポイントとなり、また、院長や事務長の考え方を把握することに専心できた病院に転職を果たされました。さらに関西の病院に勤めていたある神経内科医師は、前職では内科の指導医として、研修医たちの指導にあたっていた経験もあったので、「総合内科の医長として、レジデントの研修や指導も含めて面倒を見てほしい」といわれた病院へ総合内科医として転職を実現されました。

このように医師の転職の理由は様々です。また神経内科の医師の場合、内科や外科と異なり、他のスキルがあるかよっぽどのことがない限り、キャリアの転換は難しいので、自分希望の転職先の情報をよく把握しておく必要があります。現在の転職に関しては、医師専門の転職サービスも多数あり、これまでの医師の転職状況とはことなり、医師は自分の希望にそった転職先を探すことができます。医師専門の転職人材サービスは、医師の転職に関して専任のアドバイサーが、医師に特化したさまざまなサポートをおこなってくれるので、医師の転職の実現には近道です。

※医師の方で希望の科目などで求人をお探しの方リクルートドクターズキャリアエムスリーキャリアエージェントなどの転職エージェントへの登録をオススメします。転職エージェントでは好条件の求人や自身の希望に合う求人が多数あります。その多くの求人は会員しか見れない非公開求人です。当サイトでご紹介しているエージェントは全て無料でご利用できますのでぜひ登録されてみてください。

医師の転職の事ならこのエージェントが安心!

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
対応エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
  • <<当サイトがお勧めするポイント>>
  • ■リクルートドクターズキャリアは年間100万人も転職を支援しているリクルートグループの会社です。
  • ■常時1万件以上の求人情報のうちWEB上で公開されているのは半数以下。大部分は非公開求人です。
  • ■医師の転職に精通したキャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートします。
  • 面倒な条件交渉などはスタッフが代行。少しでも希望に沿った条件での就業の実現の為に。
  • ■初めての転職でも安心。履歴書、職務経歴書の書き方や、面接のコツなどをアドバイスしてくれます。
  • 「年収2500万以上」「土日祝休み」「育児支援」などあなたの希望に合った求人が多数あります。
  • ■転職のポイントや求人情報の見方など医師のお役立ちコンテンツも公開しています。
  • サービス利用料は無料です。登録も1分で完了しますのでぜひ登録を。
リクルートドクターズキャリア申し込みページへ

※→医師転職サイトランキング完全版はコチラから見れます!


▲ページの上へ
© 2012-2017 医師転職ランキング