一般外科の医師転職

一般外科医師の転職は、学閥により実現しないものばかりではありません

一般外科医師の転職に関しては、一般外科は多くの医療機関において大学医局との連携のもとに運営されていることが多いために、学閥がはっきりしやすい分野となっています。そのため、医局と関係なく中途採用をする医療機関については、むしろ学閥のない、風通しの良い雰囲気であることが多いようです。もっとも、病院によって体制にはかなり違いがあるようで、多数の外科医を擁したアクティブな急性期病院から、オペ数も週に1件程度の穏やかな病院までといったように様々となっています。また、一般外科は学閥がはっきりしやすい分野であるためからか、若手医師の外科離れ傾向が強くあります。しかし、そのため若手外科医師のニーズが高まってきているのも事実です。さらに、新しい分野において、医療保険適用の療養病院において、外科医師の募集が活発化してきている傾向もあります。一般外科は、胃ろうの技術や重症の患者の急性期病院の受け皿として、期待されてきているので、一般外科医師の求人も増えていくと考えられます。

さらに、一般外科の求人募集は、病院・医療機関の規模や標榜する診療科によって医師に求められるニーズが異なっています。医療機関によっては、消化器系、呼吸器系、乳腺系などに特化している病院もあれば、脳、心臓以外の幅広いスキルを求められることもあるようです。厚生労働省の平成22年度の「必要医師数実態調査」によると、現在の常勤である一般外科医師数は12,818人に対して、必要とされている常勤医師数は14,045人となっています。この数字からはかなりの数の一般外科医師の数が必要とされていることになります。

実際に転職を希望して実現した初期研修を終了したばかりの一般外科医師は、後期研修はきちんと指導を受けられる病院で、スキルアップをしたいと転職を希望し、レジデントへの指導を仕事として評価する体制がある病院への転職を果たし、幅広く症例に接して仕事をするようになったようです。

医師の転職希望理由は、さまざまなものがあります。若い医師の場合、自分のスキルアップのために転職を希望する医師もあり、また、過酷な労働から、家族との時間をとれるプライベートの時間もとれる職場への転職を希望する医師もいます。今では医師専門の転職人材サービスが、医師に特化した医師の転職にかかわるありとあらゆるサポートを行ってくれるので、このような専門の転職サービスを利用して転職を実現する医師も増えてきています。医師の転職には医師専門の転職人材サービスの利用が近道となっているのです。

※医師の方で希望の科目などで求人をお探しの方リクルートドクターズキャリアエムスリーキャリアエージェントなどの転職エージェントへの登録をオススメします。転職エージェントでは好条件の求人や自身の希望に合う求人が多数あります。その多くの求人は会員しか見れない非公開求人です。当サイトでご紹介しているエージェントは全て無料でご利用できますのでぜひ登録されてみてください。

医師の転職の事ならこのエージェントが安心!

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
対応エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
  • <<当サイトがお勧めするポイント>>
  • ■リクルートドクターズキャリアは年間100万人も転職を支援しているリクルートグループの会社です。
  • ■常時1万件以上の求人情報のうちWEB上で公開されているのは半数以下。大部分は非公開求人です。
  • ■医師の転職に精通したキャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートします。
  • 面倒な条件交渉などはスタッフが代行。少しでも希望に沿った条件での就業の実現の為に。
  • ■初めての転職でも安心。履歴書、職務経歴書の書き方や、面接のコツなどをアドバイスしてくれます。
  • 「年収2500万以上」「土日祝休み」「育児支援」などあなたの希望に合った求人が多数あります。
  • ■転職のポイントや求人情報の見方など医師のお役立ちコンテンツも公開しています。
  • サービス利用料は無料です。登録も1分で完了しますのでぜひ登録を。
リクルートドクターズキャリア申し込みページへ

※→医師転職サイトランキング完全版はコチラから見れます!


▲ページの上へ
© 2012-2017 医師転職ランキング