消化器内科の医師転職

消化器内科は、一般内科の次に求人が多い診療科です

医師の転職に関して、一般内科についで求人が多いのが消化器内科です。消化器の専門外来のある医療機関だけではなく、慢性期病院、診療所、健診・人間ドック施設といったところからの募集もあり、いずれも上部・下部内視鏡のできる医師を求められている傾向にあるようです。療養型の医療施設では、消化器内科分野だけではなく、統合的な内科診療ができる医師のニーズが高いようで、これはリハビリテーション科、精神科の医療施設でも同じようです。さらに、健診・人間ドック施設では、内視鏡検査のほか、胸部・胃部・心電図の読影ができる医師のニーズが増えています。

消化器内科は求人数の多さに比例して、医師に求められるスキルも医療施設の体制や病床数によって多岐に渡っており、さまざまな勤務形態での就業が可能となっています。さらに一般内科と同様に、自身のスキルや今後のキャリア形成を明確にした上で、転職・就業する勤務先を絞り込んでいくことがポイントになるようです。

実際に転職を実現された消化器内科の医師は、徐用と供給のバランスがとれる地域で医師としてやっていくために、専門的に特化した臨床が必要だという理由から転職を希望して、その結果、内視鏡を扱った検査や治療が行える環境で、無事内視鏡専門医も取得でき、先輩医師にも恵まれ、自分でも専門領域を築けている実感があると語っています。また、消化器内科の専門医取得を目指して、経営マインドも学べる規模の病院での勤務を希望していた循環器内科の医師は、資格取得についてしっかりとした教育プログラムがあることに魅力を感じた病院への転職を果たされました。

このように医師の転職ニーズは増えてきています。また、医師不足から医師の求人も増えてきているのも事実です。しかし、医師の転職には、忙しい時間をさいて行わなければいけない転職活動や、転職に関するさまざまなことがあり、なかなか転職にふみきれない医師も多いことでしょう。しかし、現在の医師の転職に関しては、以前のように医局制度に関係なく、自分の希望の転職を叶えることができます。医師専門の転職人材サービスは、そういった転職希望の医師のさまざまな転職までの過程をサポートしてくれます。医師の特化したネットワークから、登録するだけで個人では得ることができない求人情報もえることができ、転職を果たすまで選任のアドバイサーがサポートしてくれるので、医師の転職を実現させるのは近道な方法でしょう。

※医師の方で希望の科目などで求人をお探しの方リクルートドクターズキャリアエムスリーキャリアエージェントなどの転職エージェントへの登録をオススメします。転職エージェントでは好条件の求人や自身の希望に合う求人が多数あります。その多くの求人は会員しか見れない非公開求人です。当サイトでご紹介しているエージェントは全て無料でご利用できますのでぜひ登録されてみてください。

医師の転職の事ならこのエージェントが安心!

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
対応エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
  • <<当サイトがお勧めするポイント>>
  • ■リクルートドクターズキャリアは年間100万人も転職を支援しているリクルートグループの会社です。
  • ■常時1万件以上の求人情報のうちWEB上で公開されているのは半数以下。大部分は非公開求人です。
  • ■医師の転職に精通したキャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートします。
  • 面倒な条件交渉などはスタッフが代行。少しでも希望に沿った条件での就業の実現の為に。
  • ■初めての転職でも安心。履歴書、職務経歴書の書き方や、面接のコツなどをアドバイスしてくれます。
  • 「年収2500万以上」「土日祝休み」「育児支援」などあなたの希望に合った求人が多数あります。
  • ■転職のポイントや求人情報の見方など医師のお役立ちコンテンツも公開しています。
  • サービス利用料は無料です。登録も1分で完了しますのでぜひ登録を。
リクルートドクターズキャリア申し込みページへ

※→医師転職サイトランキング完全版はコチラから見れます!


▲ページの上へ
© 2012-2017 医師転職ランキング