消化器外科の医師転職

消化器外科の医師の転職は、徐々に増えてきています

消化器外科の医師の転職の場合、規模の大きな病院ほど消化器外科として手術に専念できる環境は整っていますが、求人募集は横ばいのようです。しかし、人間ドックの内視鏡検査などで腫瘍が発見されるなど、外科的治療が必要になる患者は増えていることから、消化器内科のニーズは全体的には高まってきているようです。とくに地域の中小病院では、外科的な技術とともに、内視鏡など消化器内科分野のスキルも求められる傾向になっています。さらに、消化器外科の医師には、胃ろうや縫合処置のニーズがある療養型病院からの求人もあります。また、健診・人間ドック施設においても、消化器外科医を求める声もあり、とくに下部内視鏡の対応可能な女性医師のニーズも出てきているようです。

厚生労働省の平成22年の「必要医師数実態調査」によると、消化器外科の現員医師数3046.9人で、外科系では整形外科、脳神経外科に次いで医師数の多い診療科となっています。その分、求人も多くなっています。また、「必要医師数実態調査」では、現在の消化器外科医師の数が2,450人に対して、必要としている消化器外科医師の数は2,700人となっており、数字の上からも、消化器外科医師が求められていることがわかります。

実際に転職を実現された消化器外科医師は、キャリアアップを考えたことと、結婚を控えて収入面の条件よい病院への転職を希望して、実際入職してみて、多岐にわたる症例が扱え、希望通りの職場環境で気持ちよく働けていますと希望の転職を果たしたようです。

医師の転職の理由は様々ですが、医師不足から医師を求めている病院も増えていることも確かなことです。医師の転職に関しては、以前までの医療制度が変わったことによって、医師自身は自由に自分の希望の転職を果たすことができるようになりました。それは、医師専門の転職人材サービスが充実してきたこともあるでしょう。

医師専門の転職人材サービスは、医師の転職に特化しているため、医療関係施設とのネットワークも強く、医師個人では得ることができない非公開の求人情報も多数の病院から寄せられています。さらに、医師転職には、リスクや不安もついてきますが、そのような医師の転職に関するデメリットも、医師専門の転職人材サービスであれば、その特性を生かして、さまざまな角度からサポートしてくれます。医師専門の転職人材サービスは、登録するだけで専任のアドバイザーが、医師の転職に関して希望の転職を果たすまでサポートしてくれるので、医師の転職にはこのような転職サービスの利用が近道です。

※医師の方で希望の科目などで求人をお探しの方リクルートドクターズキャリアエムスリーキャリアエージェントなどの転職エージェントへの登録をオススメします。転職エージェントでは好条件の求人や自身の希望に合う求人が多数あります。その多くの求人は会員しか見れない非公開求人です。当サイトでご紹介しているエージェントは全て無料でご利用できますのでぜひ登録されてみてください。

医師の転職の事ならこのエージェントが安心!

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
対応エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
  • <<当サイトがお勧めするポイント>>
  • ■リクルートドクターズキャリアは年間100万人も転職を支援しているリクルートグループの会社です。
  • ■常時1万件以上の求人情報のうちWEB上で公開されているのは半数以下。大部分は非公開求人です。
  • ■医師の転職に精通したキャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートします。
  • 面倒な条件交渉などはスタッフが代行。少しでも希望に沿った条件での就業の実現の為に。
  • ■初めての転職でも安心。履歴書、職務経歴書の書き方や、面接のコツなどをアドバイスしてくれます。
  • 「年収2500万以上」「土日祝休み」「育児支援」などあなたの希望に合った求人が多数あります。
  • ■転職のポイントや求人情報の見方など医師のお役立ちコンテンツも公開しています。
  • サービス利用料は無料です。登録も1分で完了しますのでぜひ登録を。
リクルートドクターズキャリア申し込みページへ

※→医師転職サイトランキング完全版はコチラから見れます!


▲ページの上へ
© 2012-2017 医師転職ランキング