科目別の医師転職情報

医師の転職に対して、一般内科医師の求人は一番多いのです

厚生労働省「必要医師数実態調査」によると、医師の人員の中で、現員医師数がいちばん多いのは内科系の診療科であり、その中でも一般内科は約28000人の医師がいます。そのため、求人募集も多いく、勤務地や給与水準を勘案しながらも、転職によるキャリアアップを図ることが比較的可能な科ではないでしょうか。また、一般内科医師の求人需要は、首都圏、地方を問わず、総合病院、地域一般病院、クリニック、療養病院、老人保健施設まであらゆる分野において募集ニーズの高い状態をになっているようです。

一般内科の求人は正規雇用だけではなく非常勤も多く、ほとんどの都道府県に勤務地を求めることが可能です。職場を選びやすいというメリットはありますが、勤務内容や条件は、施設ごとによって大きく異なるので、医師自身のキャリア形成、給与水準、希望する医療施設といった、転職の理由、目的を明確にした上で、転職活動をする必要があります。

実際に希望の転職を果たした一般内科の医師は、将来は開業することを考えて、次のステップとして経営マインドも学べる規模の病院を希望しており、専門の医師が複数いる病院で、精神保健指定医・精神神経学科専門医の資格取得のしっかりしたプログラムもあったことが魅力の病院に転職を果たされました。さらに、家庭の事情から引っ越すことになり、転職を希望していた一般内科医師は、診療方針と経営方針のバランスが非常にとれているという印象をもった病院に転職を果たしました。

医師の転職希望理由はさまざまです。また一般内科医師の場合は、医師不足が激しいことから求人募集も多い科です。そのため、転職希望の一般内科の医師は、自分の転職希望理由を明確にしておかなければ、せっかく転職をしたのに、給料はあがったけれども時間に追われて思った仕事ができない、プライベートの時間もほとんどとれないといったように、なんのために転職をしたのかわからない状態にもなりかねません。

現在の医師の転職は、以前のように医局制度にしばられることはないので、医師が自分の希望の転職を果たすことができます。医師専門の転職人材サービスは、医師専門に特化した転職サービスですから、医療機関とのネットワークも強く、非公開の求人情報も多数よせられています。さらに医師の転職に関して、転職を実現させるまでさまざまなサポートを行ってくれるので、現在の仕事に忙しい医師個人で転職活動を行うより、希望の転職を果たすには近道でしょう。

《科目別の医師転職情報》
・一般外科
・内科
・消化器内科
・神経内科
・外科
・整形外科
・消化器外科
・脳神経外科
・精神科
・皮膚科
・眼科

医師の転職の事ならこのエージェントが安心!

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
対応エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
  • <<当サイトがお勧めするポイント>>
  • ■リクルートドクターズキャリアは年間100万人も転職を支援しているリクルートグループの会社です。
  • ■常時1万件以上の求人情報のうちWEB上で公開されているのは半数以下。大部分は非公開求人です。
  • ■医師の転職に精通したキャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートします。
  • 面倒な条件交渉などはスタッフが代行。少しでも希望に沿った条件での就業の実現の為に。
  • ■初めての転職でも安心。履歴書、職務経歴書の書き方や、面接のコツなどをアドバイスしてくれます。
  • 「年収2500万以上」「土日祝休み」「育児支援」などあなたの希望に合った求人が多数あります。
  • ■転職のポイントや求人情報の見方など医師のお役立ちコンテンツも公開しています。
  • サービス利用料は無料です。登録も1分で完了しますのでぜひ登録を。
リクルートドクターズキャリア申し込みページへ

※→医師転職サイトランキング完全版はコチラから見れます!


▲ページの上へ
© 2012-2017 医師転職ランキング