医師の基本情報

医師の仕事内容は、その勤務先や勤務形態によって大きく変わってきます!

医師とは、医学に基いて傷病の予防や治療、および公衆衛生の普及を責務とした医療従事者です。また、医師とは、国家資格である「医師国家試験」に合格して医籍登録を完了した者に、厚生労働大臣より免許が与えられてなれる職業です。1999年に改正された医師法第16条の2には、「診療に従事しようとする医師は、2年以上、医学を履修する課程を置く大学に附属する病院又は厚生労働大臣の指定する病院において、臨床研修を受けなければならない。」と明記されており、2004年度からは、臨床医として勤務するためには、2年間以上の臨床研修を行うことが努力義務とされています。

その医師の仕事内容は、医療や保健の現場において、その指導をすることです。医師の判断においてでないと行えないことは数多く、大きな責任を負う仕事でもあるのです。また、医師は病院や診療所などで、患者に対し診察や治療といった医療行為を行うことが主な仕事内容です。また、勤務医として大きな病院に勤務する場合と、開業医として自分で病院をもって、医業の傍ら経営も行う場合とがあり、また医業を行わず、医学に関連した研究を続ける研究者としての仕事もあります。

大学の医局に残って、医業を行いながら大学講師や大学教授として、新たな医師の教育に努めるという働き方もあります。近年は医療の高度化や細分化が進み、医師は、常に日々最新技術や情報にアンテナを張っていなければならなくなっているようです。

そんな中で、医師不足といわれているように、報酬面だけをとってみれば、様々な職種の中でも、常にトップレベルに入るのですが、その仕事内容は責任も重く、スケジュール的にもかなりハードな仕事内容だと言えます。しかし、医師の仕事内容も、その勤務先や勤務形態によって大きく変わってきます。大病院に勤務する人、自分の病院を持ち診療と経営、両方にあたる開業医、診療行為には携わらず、医学関連の研究者として働くといったようにさまざまな形態があります。どの道を選ぶかによって、その仕事内容や仕事量、そして報酬などにも、大きな隔たりがでてくるようです。

以前は、病院で働く医師には「医局制度」と呼ばれる独特の世界があり、自分の意志よりも医局の人事に従って働かなければいけないという状況がありました。しかし、最近は医師にも、自分で自分の希望の仕事場を選ぶ医師たちが徐々に増えているようです。勤める病院などによって、医師に求められる仕事の内容も大きく変わってきますから、自分の希望やポリシーと合致する勤め先を選ぼうとする人たちが増えてきているということでしょう。現在では、そんな転職希望の医師のサポートをしてくれる、医師専門の人材サービスもいくつあり、忙しい医師の方でも、登録するだけで、安心して希望の転職までの充分なサポートを受けることができるのでおすすめです。

《医師の基本情報》
1日 平均年齢 労働環境 モチベーション 魅力 服装 結婚 守秘義務 副業 うつ

医師の転職の事ならこのエージェントが安心!

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
対応エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
  • <<当サイトがお勧めするポイント>>
  • ■リクルートドクターズキャリアは年間100万人も転職を支援しているリクルートグループの会社です。
  • ■常時1万件以上の求人情報のうちWEB上で公開されているのは半数以下。大部分は非公開求人です。
  • ■医師の転職に精通したキャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートします。
  • 面倒な条件交渉などはスタッフが代行。少しでも希望に沿った条件での就業の実現の為に。
  • ■初めての転職でも安心。履歴書、職務経歴書の書き方や、面接のコツなどをアドバイスしてくれます。
  • 「年収2500万以上」「土日祝休み」「育児支援」などあなたの希望に合った求人が多数あります。
  • ■転職のポイントや求人情報の見方など医師のお役立ちコンテンツも公開しています。
  • サービス利用料は無料です。登録も1分で完了しますのでぜひ登録を。
リクルートドクターズキャリア申し込みページへ

※→医師転職サイトランキング完全版はコチラから見れます!


▲ページの上へ
© 2012-2017 医師転職ランキング